幸人の日記

腕時計、節約、投資について考えていくブログです。

感謝してほしいから手伝うのか?、手伝いたいから手伝うのか?

スポンサーリンク

こんにちは、管理人の幸人です。

 

最近は子育てが忙しく、仕事に育児に忙しく過ごしています。

そんな中、最近思った事を記事にしたいと思います。

 

誰しも困っている人を手助けした経験があると思います。

その際に「ありがとう。」と感謝の言葉を言ってもらえると嬉しくなりますが

最近、管理人は昔ほど感謝の言葉を言われていないと気づきました。

 

最初は感謝の言葉が無いなら手伝わない!(怒)

と思ったのですが、思い返すと結局手伝いをしていました。

 

一度は手伝わない!と思ったのに、なんで手伝ったんだろう?と考えると

結局は自分の為にやっていた事に気づきました。

 

 

仕事の場合

ほとんどの方は、手伝いやアドバイスをしたら感謝の言葉を言ってくれます。

うん、違和感がありません。

しかし、人によっては全くそういう言葉がありません。

正直、感謝の言葉が無い人の手伝いやアドバイスはしたくないのですが、、、

 

ですが、けっきょく手伝いをしてしまいます。

 

何故かというと僕が手伝いやアドバイスをする理由は、質の悪い製品が発売されるのが許せないんです。

だから同僚の為では無く、自分のポリシーの為に動いていたのです。

 

なので、”自分の為にやった事なので、人に感謝を求める必要は無い。”

 

と考えれば、イライラしません。

 

もちろんそういう人に限って手柄は自分のものにしようとしたりするので、

そこはキッチリ線をひかせてもらいますが。

しかし、感謝する気が無い人に無理に感謝を求めなくてもよいと思いました。

 

付き合いは一線引いた付き合いになりますが、、、

 

家庭の場合

これもやる理由は同じです。

僕がやりたいから、やるんです。

妻や子供にやらされているからじゃない。

 

家事だって、妻の負担を減らしたいからやるんです。

育児だって、子供が好きだからやるんです。

 

”無償の愛”という言葉を聞いた事がありますが、まさにそういう事なのかな?と思うようになってきました。

 

子供は感謝を伝えられる人間になるように育てるつもりですが、妻にいちいち感謝は求めません。

そう思ってくれる時に、ありがたく気持ちをいただきます。

 

自分は感謝するのか?

この考えでいったら、自分も感謝を伝えないのか?

そんなことはありません。

僕は助けてもらった事に関しては必ず感謝の気持ちを伝えます。

 

他人に感謝出来るって、自分も幸せじゃないですか?

人に感謝する事で相手も自分も幸せな気持ちになれます。

その為、小さな事でもたくさん感謝の気持ちをもって、それを伝えていきたいと思います。

 

まとめ

・自分は感謝をする。

・しかし、他人に感謝を求めない。

 何故なら、だいたいの事は自分がしたくてした事だからである。

 

ちょっと言い訳っぽく聞こえるかもしれませんが、こんな風に考えて生きていければ自分も楽に生きられると思います。

 

ただ感謝が無い人に良くしすぎると都合よく使われてしまいそうなので、そこだけは気をつけたいと思います。

 

感謝することを忘れてしまった人とは距離をとりたいですが、たまに感謝の言葉がないぐらいは大目にみたいと思います。

だって、自分の為にした事ですから(笑)

 

それでは。

f:id:yukito_m:20191117212918p:plain