幸人の日記

腕時計、節約、投資について考えていくブログです。

二つ折り財布のメリット・デメリットを考えてみる。

スポンサーリンク

こんにちは、管理人の幸人です。

 

高級腕時計を買い足したい管理人は、どうしたらお金持ちになれるだろう?

長財布を使ったらお金持ちになれるかな~?と時々考えますが、ずっと二つ折りの財布を使用しています。

 

なんだかんだ二つ折り財布が使いやすいんですよね~。

なので、今日は二つ折り財布のメリット、デメリットを考えてみたいと思います。

 

長財布はなぜお金が貯まると言われるのか?

まずは長財布がなぜお金が貯まると言われているのか考えたいと思います。

・お札を折らない為、お金にとって居心地が良い

 

お金を大切に扱いなさいという事だと思います。

管理人もお金は大切だと思っていますが、やはり折ってしまう時点でダメなのでしょうか?

 

二つ折り財布のメリット

・小さくたためてズボンのポケットにしまいやすい。

 これが最大のメリットだと思います、長財布の場合ズボンからはみ出してしまう。

 二つ折り財布であれば、どこかで落としてしまったり、スリに合う確率は低くなりそうです。

 

・カードの枚数が制限される。

 デメリットとも考えられますが、あえてメリットとあげています。

 枚数が制限されることにより、財布の中身がすっきりするからです。

 無駄にカードを持てなくなりますし、カードが少なくなれば財布も薄くなります。

 カードを整理すると、とても気持ちが良いです。

 

 管理人も以前はクレジットカードを複数持っていましたが、現在は1枚(VISA)しか持っていません。

 管理人の財布にはカードが4枚しか入らないので、クレジットカードを複数もつ余裕はありません。

 クレジットカードを一枚にすることにより、

 ・貯まったポイントを無駄にする事も無くなり、

 ・今日はこのカードで買うとお得だ!と勢いで品物を購入する事も無くなりました。

  ※どうしても複数のクレジットカードを支払いに使用したい場合は、ApplePayに登録し、使用する等で対応可能と思います。

 

二つ折り財布のデメリット

・お札を折ってしまう

 お札を折ってしまうと、お金にとって居心地が悪くなると言われていますので、

 お金が貯まりにくいのかもしれません。

 

・お札がたくさん入らない

 管理人の二つ折り財布には、お札はたくさん入りません。

 固定資産税などの支払いなどでお札をたくさん入れて二つ折りにしようとすると財布が折りたためません(笑)

 しかし、キャッシュレス化が進んできています。

 管理人は、家電などはクレジットカードで購入、飲食店などはPayPayで支払いしています。

 キャッシュレスで支払える店舗が増えた為、VISAクレジットカード+Paypayの利用であまり困っていません。

 

・長財布より小銭が出しにくい

 小銭入れの間口も長財布より小さいものが多く、小銭は出しにくい傾向にあると思います。

 本当はぴったり出せる小銭があるのに取るのが大変で、大きいお金を出してしまうかもしれません。

 しかし、二つ折り財布によっては間口が広い物もあると思います。

 

まとめ

メリット

・小さくたためてズボンのポケットにしまいやすい。

・カードの枚数が制限される

デメリット

・お札を折ってしまう

・お札がたくさん入らない

・長財布より小銭が出しにくい

最大のメリットは、やはり小さくなる事だと思います。

お札や小銭はたくさん入りませんが、キャッシュレス化も進んできていますので、管理人は現金を多く持っていなくても困った事はありません。

財布に1万円以上入っていた事は、ほとんど無いです(笑)

 

それより管理人はバックを持ち歩かないので、ポケットに収まる事がとても重要に感じます。

やはり手ぶらは楽ですし、財布を落とす心配も少なくて安心ですね。

 

最近は「本当のお金持ちは二つ折り財布を使っている」みたいなネット記事もありますし、長財布を使用しなくてもお金持ちになれる可能性は十分にあると思います。

 

その為、管理人はこれからも二つ折り財布を使用していきたいと思います。

それでは。

f:id:yukito_m:20190214074645j:plain