ワンオペ パパの生活術

ワンオペ育児中の会社員が、幸せに暮らす事、お金の事(節約、投資)について考えていくブログです。

【家庭円満の秘訣】家の中で声をかける順番は、嫁さん→第一子→第二子の順番にしましょう!

スポンサーリンク

こんにちは、管理人の幸人です。

今年(2019年)に入ってから、嫁さんと喧嘩もなくうまくやってるな~と思っていましたが、

久しぶりにやってしまいました。

 

と言うか、ずっとやっちまってました(汗)

 

先に結論を言ってしまうと、

家の中で声をかける順番は、嫁さん → 第一子 → 第二子にした方が良い。という事です。

 

今まではどういう順番で声をかけていたのか?

今までは第一子 → 第二子 → 嫁さんの順番で声をかけていました。

とにかく子供が可愛いのです(笑)

 

管理人は仕事から帰ってきたら、、一人一人名前を言ってからただいまを言います。

「〇ちゃん、ただいま。」、「〇ちゃん、ただいま。」、「ママ、ただいま。」

何か返してくれた言葉があれば、それについても返答します。

一人一人にちゃんと向き合いたいのです。

なので、一括でただいまを言うという考えはありませんでした。

 

嫁さんから言われた事

いつものように帰ってきて、順番にただいまを言っていると

「なんでただいまは私を最後に言うの?」

 

「最近パパは子供にかまってばっかりだね。」と言われてしまいました。

 

ガーン!!

 

げげっ

 

そんなつもりは無かったのですが、

 

確かに子供が可愛すぎて、子供が産まれる前に比べて嫁さんに話かける回数が減っていましたし

きっと嫁さんなりにさみしかったんでしょう、、、

振り返ってみると、嫁さんの髪型やファッションについて声をかける事も少なくなっていました。

 

今後の家の中で声をかける順番は

まず嫁さん、次に第一子、最後に第二子です!

 

二人目の子供が産まれる時に、「子供が二人になったら、上の子を優先しないとダメだよ!」

「声をかける順番も上の子からだよ。」と知り合いのママさんによく言われていました。

 

上の子は、今まで自分だけのパパ、ママだったのが、第二子と共有のパパ、ママになって寂しさを覚えてしまうようですね。

そこに来て、更にパパ、ママが下の子を優先したような対応をすると、嫉妬はもうMaxのようです。

 

第一子を優先してあげれば、第一子が下の子を可愛がってくれますし、

第二子は上の子優先でも、そういうものなんだって違和感なく理解してくれるそうです。

 

とここまでは、「なるほど~!」と納得、実践していたのですが、まさかもう一人やきもちを焼く人がいたとは(笑)

 

子供が出来て旦那に興味がなくなる嫁さんも多いようなので、嬉しい悩みなのかもしれません(笑)

 

嫁さんいわく、ただいまは全員に一括で言うのがベストだそうです。

 

まとめ

・みんなに同じ事を言う時は一括で声をかける。

・個別に言う場合は、嫁さん → 第一子 → 第二子の順番で声をかける。

 

子供はとても大切ですが、嫁さんももちろん大切です。

一緒に子供を育てていく同志であり、一生連れ添っていく大切なパートナーです。

最近は子供にばかり関心が向いていましたが、これをきっかけに嫁さんにもまた関心を向けようと反省した管理人でした。

みなさんも大切な嫁さんの事を大事にしてあげてください。

f:id:yukito_m:20190324160742p:plain